禅と茶の集い

40年以上続くお茶と坐禅の市民サークルです。

栗田

「禅と茶の集い」便り(275)

令和2年2月21日 記録者・栗田和夫 1.はじめに 今日は、午後3時半から「千葉市を美しくする会」のまつり部会が開催されました。主な議題は、昨年の千葉の親子三代夏祭りの事業報告と決算そして次年度の事業計画案と予算案、それから令和2年度の部会長…

「禅と茶の集い」便り(271)

令和2年1月17日 記録者・栗田和夫 1.はじめに 明けましておめでとうございます。 令和で初めての良い新年を迎えました。 新年を迎えたといっても、今日は、某市での都市計画審議会(小生、会長代行)があり、まちづくりの何たるかを語ってきたところで…

「禅と茶の集い」便り(268)

令和元年12月20日 記録者・栗田和夫 1.はじめに なんとも、久しぶりの金曜日のお点前となりました。 というのも、専門学校の夜学の授業が、隔週で始まったのであります。 実は、一週間ずれると問題は無いのであるが、そうことは都合よく運んではくれな…

茶室一杯の「禅と茶の集い」便り(250)

令和元年7月19日 記録者・栗田和夫 1.はじめに 今日は、また忙しい一日でした。 朝午前5時起床、北区王子での9時からの授業を終え、千葉市役所での午後3時からの「第44回千葉のお親子三代夏祭り」の出店者説明会を終えて、5時半からお茶の準備に…

ラーフラの視点「禅と茶の集い」便り(233)

31年3月15日 記録者・栗田和夫 1.はじめに 今日は、いつもとは違った日程でした。 いつもの会議(親子三代夏祭り委員会)は無く、ある市の都市計画審議会があり出席して来ました。 千葉市もそうですが、他の市でも「都市計画マスタープラン」の見直し…

戒のこころ「禅と茶の集い」便り(218)

記録者・栗田 1.はじめに 今週の土曜日より、房総禅道場で摂心会が開催されるため、昨日お茶の準備を一足先にしてきました。 私はこの年度初めに、終活の一環として、車を処分したため、道場までは、ほぼ1時間半を掛けて自転車で行っております。苦慮して…

第40回禅体験教室「禅と茶道」(第3回)の報告

第40回禅体験教室「禅と茶道」(第3回)の報告 報告者:栗田 和夫 1.はじめに 私にとって、禅との出会いは、1978(昭和53)年、まさにこの「第1回禅入門講座」が開催されてからであり、今年で40年を迎える年となります。お茶は、1984(昭和59)年より裏千…

「禅と茶の集い」便り(195)

平成30年5月18日(金) 「禅と茶の集い」報告第3金曜日は、6時から読書会、その後に呈茶、そして静坐です。 読書会の時間となりましたが、会長が到着するのが遅れて「今日はどこからなのか?」誰も知らない、どこまで進んだのか、分からないという波…

禅と茶の集い40周年記念パーティ

話は昨年末に遡ります。 昨年最後の集いは太田ワークショップだったのですが、数名でちょっとした打ち上げかねてワインを飲みに行きました。 その際に松風(禅と茶の集い機関紙)40周年記念号の配布方法について相談し始めたとき、栗田さんから折角だから寄稿…

虚空 「禅と茶の集い」だより(99)

今日2016年1月29日は第5週で、6時からの読書会で始まりました。 川端康成の美しい日本の私を読んできましたが、今日で最後となりました。 「明恵伝」から引用しています。 (前略) 紅虹たなびけば虚空色どれるに似たり。白日かがやけば虚空明かなるに似たり…

不安を感じたほうが健全 「禅と茶の集い」だより(84)

今日(2015年9月18日)は第3週で6時の読書会から始まりました。 ネルケ無法さんの「日本人に宗教は要らない」の続きです。 まずは本文から。 将来に不安を感じていると悩む人がいるが、それはそれでいいのではないか。 逆に、将来に不安を感じてもらわなけ…

禅と茶 体験教室3回目 「禅と茶の集い」だより(72)

今日(2015年6月19日)は禅体験教室の第3回目です。 今日は、禅と茶というテーマで栗田和夫さんに話をしていただき、そのあとは、会場を茶室に移して実際にお茶を味わいました。 栗田さんは、ご自分の禅との出会いやお茶との出会いの体験を交えながら分かりや…